<< オストラカとウシャブティ | TOP | ミイラづくりについて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲スポンサーサイトの先頭へ

花瓶とゴルフボール

こんな話を聞きました。

ある大学の講義で、教授が大きなガラスの花瓶を卓上に出し、花瓶の中にゴルフボールを入れて花瓶をいっぱいにした。
「この花瓶はいっぱいか?」教授は学生に尋ね、学生達はうなずいた。
次に教授は、小石がたくさん入った容器を卓上に出し、花瓶の中に小石を入れ始めた。
小石を入れては軽く花瓶を振ると、小石はゴルフボールの中の隙間に流れ込んで行った。
やがて花瓶はゴルフボールと小石でいっぱいになった。
「この花瓶はいっぱいか?」教授は再び尋ねた。
一人の学生が、「多分、違うでしょう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、砂袋を取り出し、花瓶の中に砂を全部流し込んだ。
砂はゴルフボールと小石の隙間をぎっしりと埋めた。
教授が「これでいっぱいになったか?」と訊ねると、学生達は声をそろえて「いいえ」と答えた。
最後に教授は、水を花瓶に注ぎ込んだ。
水は見る見るうちに砂の中に流れ込んでいった。

「花瓶」は、「人生」をあらわしています。
「ゴルフボール」は、「人生の中でもっとも大切なこと」を意味しています。
ゴルフボールを先に入れない限り、それが入る余地は二度とないのです。
あなたにとってのゴルフボールは何でしょう?
例えこのゴルフボール以外のすべてを失っても、それでも『自分の人生は十分に幸せだった』と思えるものです。
家族、愛する人、志、誇り、・・・ そういった人生で最も重要なことです。
そのゴルフボールを最初に花瓶=人生に入れなくてはなりません。
そうしないと、永遠に失うことになります。
次に入れるのは、小石=ゴルフボールの次に重要なものです。
後の砂と水は、それ以外の日常的な些細な事柄です。
多くの人が、最初に砂や水で花瓶をいっぱいにし、小石やゴルフボールを人生という花瓶から失っているのです。


この話をどこで読んだかは忘れましたが、かなりの衝撃を受けました。
7つの習慣などで、「重要だけれども緊急ではない事柄」ですよね。
でも、この「ゴルフボール」、人によっては間違ったものを選んでしまうのではないでしょうか?
最も多くの人が陥りがちなのが、仕事でしょうね。
あなたにとってのゴルフボールの見つけ方は、自分の最期の時を考えてみると分かりやすいかもしれません。
あなたが息を引き取る瞬間、何を考えるでしょうか?
多分、家族や親しい人の事ではないでしょうか?
仕事を考える人はほとんどいないのでは?




関連記事

| 花瓶とゴルフボール | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲花瓶とゴルフボールの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲スポンサーサイトの先頭へ
トピックイットに投稿する
コメント
コメントする