<< mp7(携帯用無料HP)の使い方 | TOP | mp7でのサイトの作り方 まとめ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲スポンサーサイトの先頭へ

ビジネスにおいてネガティブな事柄を伝える言葉の選び方

言葉の力を磨くことが、ビジネスにおいては重要ですよね。
日ごろ、無造作に深く考えずに話ををしていては、とっさの時に、当意即妙の表現は出てきません。
家庭や、気の置けない同僚相手でも、吟味した言葉で会話をするように心がけていれば、いざというときに絶妙な言い回しを使うことができます。

ビジネスにおいて中でも難しいのは、ネガティブな内容を伝えるとき。
以下にネガティブな内容を伝えるときの表現例を挙げました。

相手の話を聞き逃したとき
⇒今のところを、もう少し詳しく説明していただけませんでしょうか?

ケンカをしている相手を話し合いに持ち込む
⇒とりあえず、お互い話したいだけ話して見ましょうか。

場の雰囲気を壊さずに意見するとき
⇒おっしゃることはごもっともですが、もう少し具体的に詰めておくことが必要ではないでしょうか?

煙たい人の誘いにお茶を濁すとき
⇒申し訳ございません。すぐにご返事ができないのですが…

大きなお世話をさらりとかわすとき
⇒十分に気をつけてやりますので、お任せ下さい。

都合の悪い話から話題を変えるとき
⇒その点を今議論すると、話がなかなか先に進みません。

険悪な雰囲気になった時
⇒言葉について、解釈に違いがあるのかもしれませんね。

上司の間違いに気づかせる
⇒一つの案として、こうしてみてはいかがでしょうか?

感情を抑えつつも、自分の意志を通す
⇒いろいろとご意見のあることは承知しておりますが、一度やらせていただけませんでしょうか?

自分のミスでないのに責められたとき
⇒おっしゃることはよく分かりましたが、状況を考えると誤解ではないでしょうか?

相手のプライドを傷つけずに提案する
⇒非常に良くできていますが、こうするとさらに良くなると思うのですが。

納得していないことを伝える
⇒ちょっと気になるところがあるのですが。

嫌味を言われたとき
⇒そのような見方もあるのですね。
 参考にさせていただきます。



関連記事

| ビジネスにおいてネガティブな事柄を伝える言葉の選び方 | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲ビジネスにおいてネガティブな事柄を伝える言葉の選び方の先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲スポンサーサイトの先頭へ
トピックイットに投稿する
コメント
コメントする